犬猫の排尿トラブル1 三咲動物病院

犬猫の排尿トラブルについて少し。
犬と猫の排尿トラブルは、一般的に下部尿路のトラブルになります。
基本的に腎臓から尿管までを上部尿路、膀胱から尿道までを下部尿路といいます。
この下部尿路にトラブルが起きると
①頻尿
➁血尿
③排尿困難
④いつもと違う場所で尿をしてしまう
などの症状がみられます。

この中で③排尿困難(排尿姿勢を何度もするが尿が出ていない、おしっこがポタポタとしかでない等)の症状がみられた場合は非常に注意が必要です。
なぜなら、この様な症状は何かしらの原因で排尿ができず、
体の中に尿が溜まってしまい、生命に関わる緊急性の高い状況の可能性があります。
特にオス猫、オス犬の尿道は狭くつまりやすいので、上記症状がみられた場合は早目のお電話またはご来院をしていただけたらと思います。

中には他の場所で排尿していて、もう出るものがないけど膀胱炎の違和感で排尿姿勢を何度もしている。というような、焦って来たけど軽いケースもあったりで、
なかなかお家での判断は難しかったりしますが、取り越し苦労で命が救えるならそれにこした事はない!
と思い、今回ブログにしてみました。
大事な家族の排尿について意識するきっかけにして頂けたらと思います。

三咲動物病院

次の記事

3月の診察時間予定